東海模型トップへ

去る4/17(日)、事前の降水確率も吹き飛ばし、朝から太陽が顔をのぞかせる過ごしやすいラジコン日和の中で、『東海わいわいミーティング』が開催されました。
舞台は日本屈指の規模を誇る、タミヤ掛川サーキット。会場をお貸しいただいたタミヤさんに、イベント全体を強力にバックアップしていただいたおかげで、大きな問題もなく開催することができました。
※写真をクリックすると大きくなります

朝の練習走行は1時間半。たくさん走ってほしいので、たっぷり時間をとりました。

本日の鬼門、鬼シケインです。一度リズムが崩れるとメロメロになってしまう難セクション。

練習走行はMと耐久の混走でしたが、スピードを押さえてあるので特に問題なく進みます。

本日のコースレイアウト。ちょっと他所ではないようなデザインにしたつもりです。なぜかルートが2本・・・

物販コーナーもあります。キットやメカ、レースで壊しそうなスペアパーツも豊富にご用意しております。

あまり店頭では見かけない商品も並べてみました。パーツボックスなんて今ではかなりレアです。

イベント限定のボディなども販売。プリメーラ出してくれたら懐かしのJTCCやるのになー。

1/12セリカGr.5も、見かけたら即ゲットレベルのボディですね。M06に載るんだろうか。

お買い上げ、ありがとうございます。売上の一部を東日本大震災へ寄付させていただいています。

愛車自慢コンテストに並んだマシンたち。ここは懐かしいテーブルですね。すべて20世紀少年です。

面白自作マシン。完成度の高いミニ四駆や、FF03をひっくり返したRRが並びます。

すでに原型がわからない(笑)マシン。完成度高いです。僕も思わず見入っちゃいました。

みんなの投票で優勝した「カウントラック」イタリアの富豪が遊びで作ってそう。

6輪バギーチャンプ。何故にこうなった?改造することに意味があります。

自作FFバギーはステッカーがタミヤ製(笑)完成度高く、よく走りそうです。

FF03にDB01系の足回りをくっつけたFFバギー。これならタミグラOKにしてもらえませんか?タミヤさん。

FF03を前後ひっくり返したようなRRツーリング。これもタミグラで・・・無理か。

ラジコン史上稀に見るロングランセールのMシャーシ。その元祖、M01です。レースに出てほしかった。

一時期流行した、TLを短くしたミニ4駆。商品かと思うくらいきれいに仕上げられてます。

みなさん、いい笑顔です。イベントにふさわしい、和気藹々としたピットテーブル。

みんながチームウェアで合わせるのも、耐久の楽しみ方のひとつです。

「初心者注意」主張してます。でも初心者はモーター回転数計らないんじゃないっすか(笑)

朝食中に失礼します。よく見るとLFバッテリーが3本も、ブルジョワです。僕は1本で走りきりました。

RCマガジンの名物ライター、サトちゃん。睡眠時間を削って富山出張所から駆けつけてくれました。

耐久チームのピットですが、Mにも余念が無い様子。整理されたテーブル見習いたいです。

過去、僕と同じサーキットに通っていたことが判明した、某メーカーのノック。プライベートで参加してくれました。

多くのマシンに、このようなステッカーが貼ってありました。笑顔はパワーです。

参加者みんなで記念撮影。ご家族で遊びにきてくれた方も多く、ちびっこ達がバナーを持ってくれてます。

みんなでY(ワイ)Y(ワイ)M(ミーティング)。恥ずかしくないですよ〜。

ドラミでマシンを並べて、一番コンテストを行います。お気に入りのマシンはどれかな〜?

耐久は実車っぽいカラーリングのマシンが多く、実車好きのYは嬉しく思います。コンテストも実車っぽい方が高得点でした。

中にはMスプリントもチームでカラーを合わせている人たちも。さらにチームワークアップ!

名物、パイロンコース。練習の時には無く、いきなりレースで登場です。どっちを行くかはあなた次第。

Mはカラフルなマシンが多く、見ていて楽しいですね。FF、RRも入り乱れてます。

好ダッシュを決めるのは、なんとも懐かしいワゴンR。こういうボディで出られるのも「わいわい」のいいところ。

みんな鬼シケインへ向かってますね。僕にはナゼだかワカラナ〜イ。パイロンのがマジ面白いっしょ。

スイマセン、僕のマシンです。一番コンテスト2位いただきました。ありがとうございます。

リズム良く鬼シケインを抜けていくマシンたち。トップドライバーでも完全ノーミスは少なかったです。

1台が引っかかると後ろのマシンにも影響します。そんな時こそパイロンコースなんですが・・・

これはこれで難易度高し!と思われたようです。僕はほぼ全周パイロン行きましたよ。

M06勢は着地で姿勢が乱れやすいようで苦戦してましたが、M06の人の方がパイロンを楽しんでいたようです。

俺命名「ビーチフラッグス・スタート」一見ポールがMSのようですが実は最後尾。

進行方向は写真奥です。グリッドから後ろへ向けてスタートすることから名付けました。

小さく回る人、バックでスタートする人、いろいろあって見ていて楽しい方式だと思います。

テールtoノーズのバトル。ありえないくらいブレててスイマセン。

テスト販売のみ、日本に十数台しかない貴重なSAを惜しげもなく投入。

そんなマシンでパイロンを攻め、見事にゴロゴロ回ってました。サイコーです。

奇跡の1枚。ありえない構図とマシンにバッチリあったピンが素敵。

激しいサイドバイサイドがMシャーシの魅力。次のコーナー、先に飛び込むのはどっちだ!

Aメインは20台8分というバトルロイヤル。お立ち台も満員です。

Aメインでも各車ラインが違って面白かったです。もうちょっと荒れる展開にすればよかった。

地元エキスパートを追うTRF前住車。ハイレベルな攻防を繰り広げてくれました。

Mスプリントトップ3。優勝の前住さんは章典外でした。おめでとうございます。

レース以外にもいろいろやりました。クローラーとオフのコースはレース中も開放していて、各々楽しまれたようです。

応援にきてくれたちびっこにミニ四駆をプレゼントして、組立教室開催。親子で組み立てて遊んでもらいました。

自分が作ったマシンが走るのを見て、喜ぶお子さんも多くいました。自分が作ったものが動くのは嬉しいんです。

ラジコンの体験走行もやりました。スタッフに操縦方法を聞いて、レッツトライ。

中にはすいすい走らせるお子さんもいましたよ。未来のチャンプの第一歩になればいいな。

プレゼントにもらったMSボディと、今ではレアなフォーカスWRC。

耐久もお立ち台MAXの20台走行。クッキータイムは戦場のような状況だったそうです。

スタート直前の1コマ。タイヤ早組みで得た1mの有利を、1コーナーまでキープできるのか?

シビックを追いかけるガヤルド。実車ではありえないシチュエーションです。

こちらはNSXに襲い掛かるCR-Z。ホンダバトルはどちらに軍配が上がるのか。

耐久にもパイロンエリアが登場。一発勝負で使う予定が、気が付けばみんなこっちを走ってる。

お立ち台からは分かりにくいけど、実は結構飛んでます。

限定のプジョー406には「がんばろう日本」の文字が。嬉しいですね。

アコード、NSX、HSV。時代時代のチャンピオンマシンが一同に会して戦うのも、ラジコンならではです。

青い空、白い雲、そして広いサーキット。しかしそこでは、熱いバトルが繰り広げられている!

トップゴールを決めたのは、FF03-インテグラを駆る『EPOX-NAOKI』。2位を10周近く離すぶっちぎりの速さでした。

ゴールは会場全体でのカウントダウン。2時間の長丁場を走りきりチェッカーが振られます。

耐久のトップ3チーム。みなさん2時間戦いぬいたあとの、清々しい笑顔が印象的です。

お楽しみ抽選会では、各メーカーさんのご協力のおかげで、みなさん必ず何か景品をお渡しできました。

ラストのじゃんけんバトルには、前住さんが使ってたボディとFF03のキットが登場。

一番の大物、FF03を勝ち取ったのは、パパの応援に来ていた女の子。最高の笑顔でレースを締めくくってくれました。

トップページへ戻る